夏の恒例行事


たまにはDVDを借りてずっと見れずにいた映画を
くつろぎながらゆっくり見たい。
って気持ちはあるんですが。

なかなか実現出来ずにいます。
あああ、うう〜

とかなんとか言っちゃってー
毎年この時期、必ず漬ける梅干し(゚∀゚)



福岡に引っ越してからは「木の花ガルテン」さんに予約して
大分の日田から運んできてもらいます。

これは「七折」という品種で、ちょっと小ぶりですが
種の尖った部分がないので口当たりがいいのと
フルーティな味が気に入ってます。
今年はいつもより少なめに6キロにしました。

もう壺の中で白梅酢がたっぷり上がっているので
今度の休みには赤紫蘇を入れる予定です。(わくわく)

そしてもう1つ この時期ならではの恒例行事

キラキラーン!

うちのわんわんシスターズをライオンカット。
この姿でご近所を散歩すると
知らない方からもちやほやされます(笑)

blogharu.jpg
うーん。涼しくなって快適よー

見た目が暑苦しくなくなったおかげで
体感温度が下がったような気がします。


たまちゃんはカットせんでもいいもんね。

七七日


今日はあんこの四十九日。
彼女を荼毘に付した斎場まで
お参りに行ってきました。
twoshot68.jpg
キーマはよくあんこちゃんを気遣ってくれてたように思います。

あんこは小さい頃から釣れたて魚のごとく
抱っこ不可能なピチピチねえちゃんで
爪切り不可能
薬の服用不可能
病院で診察台の上に乗せようものなら

「シャーシャーシャー!」
を三万回くらい繰り返す
めっぽう気の強い子でした。

そんなあんこが年を重ねて
瞳孔が開きっぱなしになり
ごはんを食べたことも忘れ
ごはんごはんごはんごはーん!
何度も催促するボケばあちゃんになり
そのうち一日の殆どを寝て過ごすようになり
歩く姿もよろよろとおぼつかなくなって。

もし突然あんこに何かがおこっても私は大丈夫
その日が来たとしても
私は気丈に見送ることが出来る。

自信を持ってそう思っていたんです。

そう思っていたんですが。


あの日、仕事から戻って
すっかり冷たく硬くなった彼女を見た時
やっぱり堪えられんかったです。

どうにもこうにも
堪え切れんかった、です。

理屈ではないですね。

あんこは私と共に20年と1週間という
長い年月を一緒に生きてくれた大切な家族でしたから。

あんこよ。
今はそっちでのびのびしているかい?


もう陰膳は今日でおしまいだよ。
 

2012年の今日。


本日の福岡は朝からミスト状の雨。
また夏野菜が瑞々しくなりますね。

2年前の6月18日
福岡は台風で横殴りの雨が
ざっぱんざっぱん!降っていて

傘など差そうものなら
逆さキノコ状態になること必至。

そんな悪天候の中で
我が家のたっちゃんは
出勤途中の夫に保護されました。

福岡都市高速道路の入り口の
長い長い坂を車で登った、合流地点のあたりで
掌サイズの小さな命がうごめいていたといいます。

aniver2.jpg
きったにゃいお顔だったねー


猫風邪・極度の衰弱・コクシジウム(お腹の虫)
左目の脇にもケガをしていました。

暴風雨の中こんな小さな猫が
高速道路の坂を自分で上がるはずもなく
色んな意見はありましたが
やっぱり意図的にその場所に

「放り投げられた」のだと思います。
車の窓を開けて「ポイ」と。

その後もいろいろ大変な思いをしたけど
aniver.jpg
ねー 今はすごーく平和(※)だよねー


(※注 玉三郎が至近距離にいる時を除く。)