不調

取り寄せを頼んでた
パソコンの電源コードがやっと来た。

考えてみりゃ本体が壊れたわけじゃなし
もう少し大事に使うことにした。

しかし今度は一眼レフ。
なぜかシャッターが押せない。


なんじゃあーこりゃー!と絶叫しつつ
マニュアルをめくって見ても謎は解けず
あああああもうもうもうもう!!

TV tatsu.png
iphone画像、粗いなあ。

tatsu ball.png
たつまきは転がして遊ぶおもちゃを
いつも最後に水中に放りこんで仕留める。

で、水飲みボウルの中におもちゃが浮かんで
汚いから新しい水に変えてくれと騒がれる私。
どうも納得出来ません。

 

姉の猫がスコ座り


誰が見ても茶トラであります。
なのにこの座り方まるでスコティッシュフォールド。
そしてそこはかとなく漂う牢名主風大物感。

mekusofuu.png

お姉さま。
どうでもいいが目くそくらい取ってあげようよ。

キャットシッターがキャットシッターを紹介する


1年ぶりくらいで整体に行きました。
長年天塩にかけて大きく育ててきたふくらはぎが
もう無理ですと悲鳴というより絶叫していたので。

ほぐれにほぐれた後
たまにはゆっくり過ごすのもよかろー?と
友人と西新の喫茶店に入ってみました。
(きっさてん、という響きがクラシックでいい♥)

akari.jpg
レトロ感漂う入り口と

akari2.jpg
紫芋入りチーズケーキとアイスクリーム

「天然生活」にでも掲載されそうな素敵な店内で
まったりしながらお茶しておりましたら

友人がスマホでfacebookをチェックしながら
こんなことを言いました。

「京都に住む友達が猫と暮らしたいらしいんだけど
 出かけたい時に猫の世話を誰に頼めばいいかわからん〜
 って言うから ”キャットシッター”って仕事してる方が京都にいるよ
 そういう方に頼めば猫ちゃん置いて出かけられるって教えてあげたの
 そしたらその友達もうすっかり猫を迎える気になってるみたい。」

さすが!
ナイスアシスト!

もうそこまで話が伝わっているならと
私もその友人に京都のキャットシッターの具体的店名+を
バッチリ伝えてもらった次第(笑)

キャットシッターという仕事が
まだまだ世間に広く認識されていないということを
私もここにきて改めて痛感しています。

キャットシッターは
猫さんをペットホテルや動物病院の中に併設されたホテル等に連れて行かずとも
普段生活している家、猫さんのいつものテリトリーの中で
安心してお留守番が出来るようにお手伝いする猫専門のシッターのことです。

人見知り・怖がり・遊び好き・怒りんぼ・甘えっ子
猫さんの個性に応じて負担にならぬよう様子を見ながらお世話致します。

もちろんお世話だけでおしまいなのではなく
留守中の猫さんの様子はしっかりとレポートにまとめ
ご家族様にご報告させて頂くようにしております。

「猫が欲しいけど
 出かけられなくなるから我慢するしなかいわ〜(>'A`)>」

そういう時代は終わりました('∀')
どうぞ安心して猫さんをお迎え下さい。

そしてお出かけの前には
猫楽までお問い合わせくださいませ。
お待ちしております。