黒猫の女の子

 

昨年夏からお客様宅のベランダに

毎日通ってくる黒猫の女の子がいました。

 

その子の名はくろちゃん。

 

いつもその家のママが

くろちゃんの為にベランダにごはんを置けば

翌日には綺麗に食べられて無くなっている。

そんなことが連日繰り返されていたそうな。

 

一度はくろちゃんを室内に迎えて

先住ちゃんたちと生活させたこともあったそうです。

 

が、

自由でいたい気持ちが強かったのか

くろちゃんはほどなくして

皆の目を盗むようにして

するりと窓から姿を消してしまい

でもまるで何もなかったかのように

毎日夕暮れと共にベランダに来て

用意されているごはんを食べて

またどこかに行ってしまう

そんな生活を半年近く続けていました。

 

「うちの子に迎えたいんですけどね。

でもなかなか捕まえられないんです。」

 

ママさんは苦笑いをされていたので

 

 

IMG_5411.jpg

 

 

「私が捕まえてもいいですか?」

と伺ったところOKのお返事。

 

そこで日頃から保護活動をしている

スタッフのマナミさんに捕獲器を借りて

えっちらほっちらお客様のベランダに

捕獲器をセットしたわけです。

 

 

IMG_5177.JPG

私自身はボランティア的な保護活動の経験がありません。

 

捕獲器を使うのは初めてではありませんが

かといって慣れているわけでもなく

マナミさんに使い方を教えてもらい

もし捕獲器に入ったらあまり長い時間

放置しないように、なぜなら必死に逃げようとして

捕獲器の中で暴れて怪我をすることがあるから

といったことなども教えてもらいました。

 

かくして迎えた2019年1月1日元旦の夕方

くろちゃん捕獲作戦を決行。

 

IMG_5381.JPG

いつものごはんを捕獲器の奥に仕掛け

お留守番の先住ちゃんたちのお世話もして

一旦退室。

 

たまたまこの日はご近所のお仕事もあり

他のお仕事を終わらせてから

くろちゃんが入っているかどうか

戻って見に行ってみたのですが

 

あいにくごはんはそのまま。

捕獲器の出入り口も開いたまま。

 

あー、やっぱり警戒してるのかなぁ

賢そうだしスルーしたのかなぁ。

まだ仕事も残っているし

今日は諦めようか。

 

そう思っていた矢先、窓の外で

ガシャーン!

という扉が閉まる金具の音が!

 

IMG_5327.jpg

ああ、くろちゃん。

あなたがくろちゃんなんだね。

 

中でじったんばったんする時間が

最小限に抑えられて良かったけれど

でもくろちゃん的にはすごく怖かったはず。

 

そーっとベランダの窓に近づいて

だいじょうぶ

だいじょうぶだよと声をかけながら

捕獲器ごと室内に入れて

 

「もし捕まえたらあの部屋に」

 

と指示されていた部屋に

静かにくろちゃんを移動。

 

そして捕獲器の扉を開けて

室内にリリース。

 

どっばばばばーん!

と色んな所に激突しながら

エアコンの上に逃げた

というのが上の写真です。

 

厳密に言えばその後も

色々あったといえばあったのですが

 

その後はお出かけ先から戻られた

そのお家のママにバトンタッチしたので

くろちゃんが今頃どうしているのか

ちょっと気になるところです。

 

これから2月末くらいまで

ぐっと寒さが厳しくなることもあり

「お家にいるのも悪くないわね」

そんな風に思って

どっしり居座ってくれるといいな。

 

いや、ワタシ前からここにいましたよ

という居直り感満載の表情で

いつかお目にかかれることを

願うばかりなのであります。

 

 

(※本日は黒猫つながりで

 ロデムちゃんクーコさんねむちゃんに

 ご登場いただきました。)

 

こたつを買いました。

IMG_4722.jpg

今日の猫さんは【ゆきちゃん】

 

ああもうこのもふもふ具合

襟巻きにして外を歩いたら

誰の目にもゴージャス🌟に映るはず。

 

 

 

 

 

 

新年あけましておめでとうございます。

 

なぜかお客様からの頂き物の8割は酒

キャットシッター猫楽のさとうです。

 

あ、催促しているのではないのです

ご依頼頂くだけで十分有難いので

本当にお気遣いなさらないで下さいね。

 

 

先日Mr.Max姪浜店で

小さなこたつを買いました。

 

年末年始長い時間お留守番する

我が家の猫たちの為にです。

 

私がいない間

モワァーと暖かいこたつの中で

ぎうーぎうとおしくらまんじゅうして

ぬくぬくしてくれるだろう。

 

そんな妄想をしながら

@3970円のこたつを抱え

家で組み立てました。

 

でも

 

入って長ーくなってくれたのは

たっちゃんだけ。

 

おーい、玉三郎!

おとめー!

ちょっと中に入ってみーよ!

ショーリ!

ほらキーマも。

 

でも、みんなスルー(笑)

 

 

いつの日も猫という生き物は

なかなか人間の思うようには

動いてくれないものであります。

 

 

さて。

新年早々皆様にお知らせです。

 

これまでシッティングエリアを

猫の額ほどに狭めておりましたが

 

新人マナミさんがやる気満々なのと

マナミさんに経験値を上げてもらいたくて

この繁忙期が終わりましたら

一部エリアを拡大する予定です。

 

場所的には野芥〜橋本

干隈界隈という感じでしょうか。

 

富永さんもそうですが

マナミさんもとても真面目。

 

この年末年始はご依頼主のお客様から

 

「噛むかもしれないから

 ちょっと用心して下さいね」

 

そう言われてた猫ちゃんに

スリスーリしてもらったそうで

お客様もホッとして下さいました。

 

どんどん活躍の場を広げて

頑張ってもらいたいと思っています。

 

2019年も猫楽を宜しくお願いいたします。

 

 

2人目のスタッフがデビューしました。

P9050022.jpg

今日の猫さんは【けだま君】

 

この時期寒いのでシッターがいる時は

こたつのスイッチを入れるのですが

そうなるともう出てきてくれません(笑)

 

 

 

Facebookを利用していると

今日は何人が猫楽のページを

チェックしましたよ

先週より何%訪問者が減りましたよ

新しい情報を掲載して集客をはかりましょう

とご丁寧なお知らせメールがくるのですが

この数ヶ月、集客より先にやることが!と

別のことにエネルギーを費やしていました。

 

別のことというのは

春先からスタッフとして入ってくれた

親子ほど年の違う(笑)マナミさんに

9月から始めた本格的な研修のことです。

 

シッティング現場はもちろん

お客様との打ち合わせに同行してもらい

 

「オイ、いーかマナミ?

 お客様の猫をナデクリマワスだけが

 シッターの仕事じゃねえんだよっ!」

 

と凄んだりはしませんが

業務内容を理解してもらった次第です。

 

私はこの仕事を始めた時から

次世代が続いていかないと

愛猫家の方達が困ってしまうので

どんどん新しいシッターが増えるべき

 

そんな風に思っていました。

 

【私の目が黒いうちは

 若いもんには絶対負けん】

”這いつくばっても猫の世話に”

お客様宅で死んでも本望と語った

85歳の現役キャットシッター佐藤さん逝く

 

いつかそんな記事が西日本新聞に載ることを

私自身望んでいないことと

出来たら元気なうちにリタイヤして

うちの猫たちとイチャつきたい。

 

そんな思いからお客様のためにも

自分の為にも早く基盤を作りたかった

という思いがあります。

 

もちろんまだ100%とは言い難いですが

日々働いて経験を積んでもらうしかありませんし

若いから頼りないから任せられない

ではいつまでも人が育ちません。

 

マナミさん自身は先日

「愛玩動物飼養管理士1級」

を晴れて取得。

 

「仕事に生かしたいです。」

と言う反面

「登録料が高過ぎて払えません。」

と泣いていますが(笑)

 

仕事も支払いも

頑張ってもらうしかなさそうです。

 

この年末年始は富永さんとマナミさん

若い2人に手伝ってもらいながら

私も張り切って走り回りますよ。