不思議体験

 

お知らせです。

 

11/6開催の説明会の参加者は今の段階で10名。

沢山のお申込みありがとうございました。

 

一旦締め切ろうと思いますがご都合がつく方は

お問い合わせフォームからお申込み下さい。

 

11月9日午後〜11/10

 11/30午後〜12/1

所用の為お休みを頂きます。

ご不便をおかけいたしますが不在日については

ウェブサイトのトップページに掲載いたしますので

どうぞ宜しくお願い致します。

 

さて前回からの続きです。

 

キーマがまるで剥製にでもなったみたいな

あまりにも残酷な姿を目の当たりにして

へなへなと力が抜けてしまい

 

狼狽しつつもキーマを抱き上げて

イシスに「助けて欲しい」と願いました。

 

イシスとはエジプト神話に出てくる

生と死を巧みに操る女神で

パワフルなヒーリングの力を持っているのです。

 

という話をするのは今回初めてなので

 

「はぁ?神話ぁ?女神ぃ?」

 

驚かれると思いますが説明すると

ちょっと長くなるので敢えてスルーして下さい。

 

そのうちだんだん冷静になってきて

おしっこですっかり濡れたキーマの体を

タオルで拭いてあげようと思い

 

洗面所からバスタオルを持ってきて

キーマの体を包むようにして

何度かゴシゴシと拭いていたら

 

 

ぴくっ

ぴくぴくぴくっ

 

あ、あれっ?足が動いてる?

キーマ、死んだんじゃなかったの?

 

そして顔を見るとキーマの目が

ちゃんと私を見ていたのです。

 

 

この時のYさんとの一連のやりとりがこれ

 

 

この時の記憶は飛び飛びで

何時に帰宅したのかも覚えていないのですが

おそらく15時少し前に帰宅していたはずで

 

しばし放心状態の後に

15:23にYさんに電話をして

死んでいたと伝えたところ

 

「あたためてさすってあげてみて」

そう言われて色々試しにやってはみたけれど

 

15:34にやっぱりダメだった。

とLINEしたその約20分後

 

「ぴくぴくっ」

 

だったわけです。

その瞬間の喜びといったら、もう。

 

 

それはそうとその日に行くと伝えていた

動物管理センターに連絡しなくてはと

この20分間の中で電話をかけて

 

闘病していた猫が亡くなったので

今日お伺いできなくなりました

そう伝えたところ

 

「失効」ということになるけれど

新規同様の手続きをすれば問題なし

 

ということになり

後日落ち着いた頃改めて手続きに行くことにしました。

 

そしてその後キーマの様子を写真に撮り

リアルタイムでYさんに見せていたら

 

「僕は大丈夫だから手続きに行ってきて

 ってキーマ君が言ってます。」

 

そう教えられた時

あぁ、更新手続きを後にするか先にするか

土壇場まで迷って車を走らせながら

 

「やっぱり先に手続きに行ってくるね。」

「キーマ、今から帰る。すぐ帰るから待ってて」

 

そんな風に口に出して言っていたことが

ちゃんとキーマに伝わっていたんだ、、、

と驚きました。

 

もっと言えば

 

「キーマ愛してる。だから死んだらいかん。」

「大好きだから、これからも一緒にいよう。」

 

そんな言葉を口にしながら車を走らせていました。

 

 

死んでいなかった

いえ、生き返ったキーマはその後

シリンジで水を口に入れてもうまく飲めず

さらに呼吸も少し辛そうで

 

毛布の上に横になりながら私を見上げて

口をぱくぱくぱくぱく動かしていたのです。

それはまるで池の鯉のように。

 

何か伝えたいことがあるんだろうか、、、

 

でももう私はすっかり気持ちが動転していて

冷静に言葉をキャッチすることが出来ません。

 

咄嗟にその様子をスマホで2回にわけて

動画に撮っておいたのです。

 

それからずっと同じ態勢のまま

横になっているのも辛かろうねと思い

寝返りを打たせてあげようとして

体を少し浮かせて持ち上げようとしたら

 

キーマの体が猫らしくしならず

まるで背骨が一本の棒のように

真っ直ぐな状態であることに気づきました。

 

口が動いている。

 

目もしっかり私を見ている。

 

そして横になりながらも

足をせっせと動かしている。

 

なのにまるで死後硬直したように

背骨だけがまっすぐな状態だったのです。

 

つづく