不思議体験

 

お知らせです。

 

11/6(水)20時より西鉄高宮駅そばの某所にて

キャットシッターのお仕事にご興味をお持ちの方を対象に

説明会を行うことになりました。

 

スタッフ募集ではなく今後独立開業を視野に入れて

真剣に取り組もうと考えておられる方への説明会です。

 

当日出来るだけわかりやすくお話させて頂きたいと考えています。

 

育成に際しての研修費用や

具体的な研修内容について

その他可能な限りご質問にお答えしたいと思います。

 

現在のところ参加希望者が8名いらっしゃいます。

 

まだ締め切っておりませんので

もしご興味がありましたら

猫楽のお問い合わせページからご連絡下さい。

 

折り返し会場についてご案内いたします。

 

 

さて前回の話の続きです。

 

家を出て車に乗って仕事先に向かっていたら

電話が鳴りました。

 

福岡市動物管理センターの職員の方からで

 

「今日中に動物取扱業の更新をしないと

失効してしまいますが来られますか?」

 

という内容でした。

 

動物管理センターは久山のCOSTCOの手前にあり

私の家からだと結構な距離があります。

 

仕事が終わったらひとまず家に戻って

キーマに水を飲ませるなり

何か食べさせるなりしてから更新に行こう

と思っていたので

 

「16時にはそちらに行けるようにします。」

 

そう応えると

 

「もう少し早めに来られませんか?」

 

その日の職員さんの業務の都合上

なるべく早めに来てもらいたいとのこと。

 

わかりました。

何とか調整してお伺いします。

 

そう言って電話を切って予定された仕事に向かい

最後に一番遠いお宅に行った帰り道。

 

思っていたより大幅に時間オーバーしたことに焦りつつ

 

「キーちゃん、ごめん。

やっぱり先に動物管理センターに行ってくる

急いで手続きしてくるから待っていてくれる?」

 

迷いに迷いながら

そう口走っていました。

 

ペットがお家で待っている飼い主さんなら

おそらく誰しもが

 

「◯ちゃん、ママ今地下鉄に乗ったからね

 もう少しでお家に帰れるよ。」

 

「△ちゃんあと30分で仕事が終わるから

 パパが戻るまでお利口にしてるんだぞ。」

 

そんな風に口走ったり心の中でつぶやいたり

していたり、しますよね?

 

 

 

 

そしてまた車を運転しながら

ああじゃないこうじゃないと思いを巡らせ

 

ああ、だめだ。やっぱりだめだ。

 

もうこんな時に更新手続きなんてどうだっていい。

 

やっぱりキーマのもとに戻ってあげなければ

と改めて思い直し

 

「キーマ、やっぱり今から帰る。

待ってて!」

 

そして急いで家に戻ってドアの鍵を開けた時

私の視界に入ったのは

 

玄関ドアの真ん前で

目と口を開けたまま

力なく両手をぶらーんと投げ出して

すべての排泄物を出し切ったその上に

だらりと横たわっていたキーマの姿だったのです。

 

 

つづく