大野君とお別れと。

 

 

お客様猫ちゃんの訃報が続きました。

1月半ばを過ぎた頃のことです。

 

お空に行ったMちゃんは16歳。

 

もう一方の子Gちゃんは

まだ3歳くらいだったんですよ。

 

いつもシッティングの時には

「またね、バイバイ」って

アイコンタクトしてお別れするのですが

 

年末は猫じゃらしで遊んでくれたし

もりもりとごはんも食べていたし

それなのに、なんで?

と未だ驚きを隠せません。

 

 

これまでにも沢山のお客様猫さんと

お別れをしてきましたが

それは毎回もらい泣きの連続で

 

特に一昨年の秋以降は

どこかの猫さんが旅立つたびに

ついうちの愛犬うずまきのことを思い出し

 

もっとしてあげられることが

あったんじゃないか。

家にいてあげられなかったから。

あの時こうしていたら

こんな風にならなかったのでは。

 

とりとめもなく

そんなことばかり考えていて

 

正直、その頃を境に

自分の仕事に対する温度が

低くなってしまったように思います。

 

ネットで記事を読んだのですが

渦中の嵐の大野君が

「ある日を境に熱が冷めた」

というような表現をしていましたよね。

 

もう仕事なんかどうだっていい

と思っていたわけではないのですが

何かこういまひとつ意欲的になれず

 

自分が思っていたよりもずっと

激しく落ち込んでいることに

自分が一番驚いて収拾がつかない

 

そんな感じでした。

 

 

そんなこんなで去年は

ブログやウェブサイト更新より

 

今、目の前にいる

うちの子たちとの時間を大事にしよう

とグズグズしてみたり

考えと行動が伴わぬ1年だったので

 

さすがに2019年は

ピシッとせないかんね

 

と思い直しております。

これから色々テコ入れして

もっとシンプルにしていきます。

 

 

 

(余談)

前回のブログに書いた

リードを長くしてチワワを散歩させて

どえらい迷惑な例のおじさんは

翌日からリードをピシッと短くして

足早に歩くようになりました(笑)