花屋にブチキレる

 

猫楽のスタッフとして富永さんが入り

シッティングを手伝ってくれるようになって

丸1年が経ちました。

 

最近私がお伺いするより留守番の猫さんが

のびのびと楽しげに遊んでいるので

ちょっとした危機感を感じます。

頑張らなワタシ!(笑)

 

 

今日のお留守番猫さんは

ダディとマミーが旅行にお出かけして

長期お留守番中のNEKO嬢です。

 

「Please speak English!」

 

オッ オーゥ

アイム ベリーソーリー

 

富永さんが撮ったNEKOさん

こんな和やかな表情なのですよ。

 

富永さんは元々猫に好かれるタイプですが

こういうスタッフの進化が有難いです。

 

んふー♡

 

 

このお盆期間中は恐怖体験もなく

ゆえに稲川淳二的なネタもなく

あっさりしたお盆ではありましたが

昨秋逝った愛犬の初盆でした。

 

人と同じ括りにしたら

いけないのでしょうけど。

 

去年の今頃はまだ

お盆から2ヶ月後に旅立つとも知らず

生活していました。

 

あの時本当に沢山のお花を頂いて

感謝の気持ちでいっぱりになり

 

今後哀しみの中にいる方には私も

センスの良いアレンジメントを贈ろう

そう思うようになりました。

 

 

お花といえば。

 

以前花屋のオヤジと大ゲンカしたことがありまして

 

あ、少なからず私も客商売ですから

この場合の表現方法としては柔らかく

 

「お花屋さんのおじさん」

 

とでも表現するべきなのでしょうが

これがもー、ほんに腹の立つことを

のうのうとまくしたてるクソオヤジで

私もブチブチ切れたわけです。

 

「シックな雰囲気で

 白とグリーンのグラデーションで

 小さなバスケットにまとめて」

 

とオーダーして

30分後に受け取りに行ったら

 

出来上がっていたアレンジメントが

 

なんだかとっても華やかで

まるで政治家の大先生が講演する

壇上に置かれる花のよう。

 

私はシックにと頼んだんですが?

いやこれ十分シックでしょう

は?これのどこがシックなの

ピンクでもおかしくないですよ

おかしいとかおかしくないとか

あなたの価値観を聞きたいわけじゃない

いやそういってもねお客さん

私は白とグリーンって頼みましたよ

僕はピンクでもいいと思うけどなあ

私は白とグリーンでと

ピンクでも失礼にはあたりませんから

ちょっとおっさん私の話を聞いてる?

聞いてますけどーでもですねお客さん

あああああああもう結構!

 

この一連のやりとりを友人に話したら

 

「意外とそういう店多いんですよ。」

って店は違えど同じような目に遭ったそうな。

 

 

この苦い経験を経てからというもの

今ではいつもすごく素敵な花を仕入れて

うっとりするようなアレンジを作ってくれる

お気に入りの花屋さんを見つけました。

 

とはいえそのお気に入りの花屋さんに

アレンジメントをお願いする機会が

あまりないことを願うばかりです。

 

皆様の大事な猫ちゃんが

これからもずっと健やかでありますように。

 

会いたくない人

 

自分では毎日ブログを更新してるつもりが

気がづくと平気で10日経っていて驚く。

 

そんなこと言ったら

よくもヌケシャアシャアとそんなことをと

ごく一握りの読者の方が驚くことだろう。

 

そんな読者の方にお願いです。

 

うちの猫達のアトラクションとして

バルコニーにやってくる雀に与えている

古米がとうとう底を尽きました。

 

どなたか古米の処分に困っておられる方

ぜひともお声がけください。

旬のたけのこを持て余しておられる方も

ぜひともお声がけください(笑)

 

厚顔無恥とはこういうことを言います。

いいですか良い子の皆さーん

真似しないで下さいねー。

 

今日のブログに華を添えてくれるのは

ぷりっとしてくりっとしてふわっとした

 

こたまちゃん。

 

 

時々私は某所山道を通って仕事に向かう。

福岡の四季の移り変わりは本当に美しく

 

春には梅や桜や菜の花を

夏には向日葵や紫陽花を

秋には紅葉やススキ

冬は白い雪に覆われた山景色を眺め

 

カーブを何度も曲がりながら

車を走らせて猫ちゃんが待つ家へと急ぐ。

 

つい先日その道を走りながら

いくつめかのカーブを曲がった時

 

IMG_9475.jpg

あちょ!

 

チューリップハットをかぶって

道路のど真ん中をスキップするように

突然走り出てきた30代おぼしき女性の姿。

 

ひえっ!

あ、危ないじゃないのっ!

 

てぃっ!

 

 

 

通り過ぎながら後方にいった女性を

ルームミラーと

サイドミラーで

確認したら

 

いない。

 

 

は?

 

 

いない。

 

減速しながらもう一度

後方を確認したけど

 

いない。

 

まわりに民家もないのに。

 

 

かすかに

昭和テイストのファッション

だったような。

 

あうち!

 

まだお盆には早いのに

しかもまだ日が暮れる前だったのに

 

幸いしているのは

ものすごい剣幕で追いかけられなかった

ということでしょうか。

 

 

これから山道を通過する際は

なる早で行こうと決意した次第です。

 

でもそんなのより生きている人間の方が

一番怖いですよねアハハ(力のない笑い)

 

きっかけはお別れ

 

こんばんは。

福岡の猫のお留守番を楽しくする

キャットシッター猫楽のさとうです。

 

ここ最近

「お見積もりをお願いします。」

というメールを時々頂くのですが

 

ウェブサイトにも掲載の通り

ご紹介以外のご新規のお客様からの受付は

昨年11月半ばから一旦停止しております。

誠に恐れ入りますが何卒ご了承下さい。

 

受付を再開する際には改めて

ウェブサイトにてお知らせいたします。

 

さて今日のブログに華を添えてくれるのは

ぷりちーなマンチカンのはるちゃん。

 

P1040158.JPG

「見よ。この無垢な可愛さを」

とか言ってそうです。

 

 

先日募集したアニマルヒーリングの

無料モニターにご応募頂いた皆様

ありがとうございました。

 

現在ワタクシまだ確定申告が終わらず

ちょっとばかし四苦八苦しているもので

あともう少しお待ち頂けたらと思います。

 

もちろんヒーリングする際には必ず

「今日やりまーす✊」

といったご連絡をさせて頂きますので

楽しみにしていて下さいね。

 

ところでなぜアニマルヒーリングを?

とお思いのお客様もいらっしゃるはず。

 

P1040140.jpg

 

それは愛犬うずまきとお別れする直前

 

立つことも歩くこともままならず

うずまきがあまりにも切なそうにしていて

 

なにかしてあげられることはないか

何が必要かと色々考えていた時

 

アニマルヒーリングが出来るYさんの

ブログの記事をふと思い出し

 

「今うずまきが何を望んでいるか

 聞いてみて頂けませんか?」

 

と聞いたことが発端でした。

 

 

Yさんにヒーリングをしてもらった後

 

「関節痛があることや体のここに

痛みがあってママにこんなことや

あんなことをしてほしいみたい。」

 

そんな説明を受けてその通りにした後の

うずまきの嬉しそうな表情が忘れられず

 

また体の痛みからキャン!と言ってたのに

その後は不思議と全く鳴かなくなったことに

 

P1040144.jpg

「ヒーリングってすごい。」

 

初めてヒーリングというものを受けて

心が大きく揺さぶられたわけです。

 

なんやこれ

なんなんやこれ

なんやよーわからんけど

とにかくヒーリングすごいと。

 

ちなみに「それ、偏見」

とお叱りを受けるのを覚悟で言うなら

 

かつてはスピリチュアルなこと全て

その他アロマや天然石やらetc

 

そういう趣味のある方とは絶対

親しくなれないと思っていたのに

 

うずまきが逝ってしまった後

スピリチュアルなことを教えてくれる方

のところに自ら喜んで通っていました。

 

P1040143.jpg

「で、ヒーリングってなに?」

 

そんな質問に私なりに

わかりやすく説明しようとしても

 

なんだかうまく説明しきれず

だったら説明なんかしないで

 

ちゃっちゃと体験してもらった方が早い

となったわけです。

 

なのに確定申告でひっかかって

ちゃっちゃと出来ず本当にすみません。

 

ブログはこのくらいにして

会計ソフトfreeで早く終わらせます。

 

それではまた!