大野君とお別れと。

 

 

お客様猫ちゃんの訃報が続きました。

1月半ばを過ぎた頃のことです。

 

お空に行ったMちゃんは16歳。

 

もう一方の子Gちゃんは

まだ3歳くらいだったんですよ。

 

いつもシッティングの時には

「またね、バイバイ」って

アイコンタクトしてお別れするのですが

 

年末は猫じゃらしで遊んでくれたし

もりもりとごはんも食べていたし

それなのに、なんで?

と未だ驚きを隠せません。

 

 

これまでにも沢山のお客様猫さんと

お別れをしてきましたが

それは毎回もらい泣きの連続で

 

特に一昨年の秋以降は

どこかの猫さんが旅立つたびに

ついうちの愛犬うずまきのことを思い出し

 

もっとしてあげられることが

あったんじゃないか。

家にいてあげられなかったから。

あの時こうしていたら

こんな風にならなかったのでは。

 

とりとめもなく

そんなことばかり考えていて

 

正直、その頃を境に

自分の仕事に対する温度が

低くなってしまったように思います。

 

ネットで記事を読んだのですが

渦中の嵐の大野君が

「ある日を境に熱が冷めた」

というような表現をしていましたよね。

 

もう仕事なんかどうだっていい

と思っていたわけではないのですが

何かこういまひとつ意欲的になれず

 

自分が思っていたよりもずっと

激しく落ち込んでいることに

自分が一番驚いて収拾がつかない

 

そんな感じでした。

 

 

そんなこんなで去年は

ブログやウェブサイト更新より

 

今、目の前にいる

うちの子たちとの時間を大事にしよう

とグズグズしてみたり

考えと行動が伴わぬ1年だったので

 

さすがに2019年は

ピシッとせないかんね

 

と思い直しております。

これから色々テコ入れして

もっとシンプルにしていきます。

 

 

 

(余談)

前回のブログに書いた

リードを長くしてチワワを散歩させて

どえらい迷惑な例のおじさんは

翌日からリードをピシッと短くして

足早に歩くようになりました(笑)

 

やっぱり猫が好き

IMG_5286.jpg

【今日の猫さんは そらちゃん】

いつもシッターが行くと

「シャアアアアア〜ッ!」

気合の入ったアメリカンカールさんです。

 

 

いきなり俗な話ではありますが、あの

「やっぱり猫が好き」

に出ていた某女優さんと

某脚本家さんが離婚したのは

 

飼い猫が亡くなったことが発端

という記事をどこかで目にしました。

 

まったまたー

そんなバカなーと思いつつ

 

以前あるお客さまと打ち合わせで

 

「あのねぇさとうさん

むかしうちの猫が亡くなった時にね

夫は愛猫の亡骸より夕飯を気にしてね

「今夜何を食べるんだ」

って言ったのよ

その時のことは一生忘れないわ。」

 

というエピソードも聞いているので

まんざら否定も出来ません。

 

愛猫家のパートナーがいらっしゃる方

どうか猫が亡くなった時は

ただ黙って寄り添って

悲しみを共有してあげて下さい。

 

一晩くらい食事しなくたって

どうってことないじゃないですか

ちょっと歩けば飲食店だって

コンビニだって出前だって

選択肢はいくらでもあるんですから。

 

某女優と某脚本家の結婚生活は16年。

 

それまでの小さな積み重ねはあるにしても

小さな命の終わりが

関係にヒビを入れることは

少なくないようです。

 

 

IMG_5289.jpg

 

お正月も終わり

いつもの日常生活が戻ってきました。

 

うちのわんこと散歩中に時々遭遇する

黒いチワワ連れの初老の男性がいます。

 

いつも長すぎるくらいリード(ひも)を

長ーーくしたままチワワを散歩させていて

見ていてヒヤヒヤしていたのですが

 

一度そのチワワがうちの犬に突進してきて

ガウガウガウガウ!

と吠え立てられまして。

 

公道ではリードを短く持ち直して

まわりに迷惑をかけないように歩くもの

だと思うのですが

 

その時は「わっ!」と思いながら

うちの犬を庇うのに精一杯。

 

「このクソオヤジ」

 

と思いながらやり過ごしたのですが

今朝目の前からやってきました。

 

一向にマナーを改善する気もなさそうで

リード長くしたまんまこっちに向かって

ずんずんずんずん近づいてきます。

 

そしてチワワがわっと近寄る手前で

サッととうちの犬を抱き上げて

 

「ちょっと、おっさん

 迷惑だからやめてもらえます?

 リード長すぎですから!」

 

言うだけいって通り過ぎましたが。

 

私は犬も猫もどっちも大好きですが

マナーの悪い犬の飼い主は

 

本当に嫌いです。

ぷんぷん。

花屋にブチキレる

 

猫楽のスタッフとして富永さんが入り

シッティングを手伝ってくれるようになって

丸1年が経ちました。

 

最近私がお伺いするより留守番の猫さんが

のびのびと楽しげに遊んでいるので

ちょっとした危機感を感じます。

頑張らなワタシ!(笑)

 

 

今日のお留守番猫さんは

ダディとマミーが旅行にお出かけして

長期お留守番中のNEKO嬢です。

 

「Please speak English!」

 

オッ オーゥ

アイム ベリーソーリー

 

富永さんが撮ったNEKOさん

こんな和やかな表情なのですよ。

 

富永さんは元々猫に好かれるタイプですが

こういうスタッフの進化が有難いです。

 

んふー♡

 

 

このお盆期間中は恐怖体験もなく

ゆえに稲川淳二的なネタもなく

あっさりしたお盆ではありましたが

昨秋逝った愛犬の初盆でした。

 

人と同じ括りにしたら

いけないのでしょうけど。

 

去年の今頃はまだ

お盆から2ヶ月後に旅立つとも知らず

生活していました。

 

あの時本当に沢山のお花を頂いて

感謝の気持ちでいっぱりになり

 

今後哀しみの中にいる方には私も

センスの良いアレンジメントを贈ろう

そう思うようになりました。

 

 

お花といえば。

 

以前花屋のオヤジと大ゲンカしたことがありまして

 

あ、少なからず私も客商売ですから

この場合の表現方法としては柔らかく

 

「お花屋さんのおじさん」

 

とでも表現するべきなのでしょうが

これがもー、ほんに腹の立つことを

のうのうとまくしたてるクソオヤジで

私もブチブチ切れたわけです。

 

「シックな雰囲気で

 白とグリーンのグラデーションで

 小さなバスケットにまとめて」

 

とオーダーして

30分後に受け取りに行ったら

 

出来上がっていたアレンジメントが

 

なんだかとっても華やかで

まるで政治家の大先生が講演する

壇上に置かれる花のよう。

 

私はシックにと頼んだんですが?

いやこれ十分シックでしょう

は?これのどこがシックなの

ピンクでもおかしくないですよ

おかしいとかおかしくないとか

あなたの価値観を聞きたいわけじゃない

いやそういってもねお客さん

私は白とグリーンって頼みましたよ

僕はピンクでもいいと思うけどなあ

私は白とグリーンでと

ピンクでも失礼にはあたりませんから

ちょっとおっさん私の話を聞いてる?

聞いてますけどーでもですねお客さん

あああああああもう結構!

 

この一連のやりとりを友人に話したら

 

「意外とそういう店多いんですよ。」

って店は違えど同じような目に遭ったそうな。

 

 

この苦い経験を経てからというもの

今ではいつもすごく素敵な花を仕入れて

うっとりするようなアレンジを作ってくれる

お気に入りの花屋さんを見つけました。

 

とはいえそのお気に入りの花屋さんに

アレンジメントをお願いする機会が

あまりないことを願うばかりです。

 

皆様の大事な猫ちゃんが

これからもずっと健やかでありますように。