つないでいきたい。

 

 

 

 

 

今春この福岡市内に

DM都市開発株式会社」様の手がける

 

「九州で初めての保護猫シェルター付き

ゲストハウスねこ蔵」

 

が完成します。

 

 

15326602_672959956214562_660109668794872563_n.jpg

(click⬆︎でねこ蔵facebookページへ)

 

 

それに伴い、現在猫シェルターをより快適な

空間にするためにクラウドファンディングで

みなさまからの支援を募っています。

 

5847a016-0778-4f73-bffe-106d0abd4187.jpg

(click⬆︎でプロジェクトページへ)

 

プロジェクトの支援は3000円から。

 

一人でも多くの方に知って頂きたく

SNSなどでのシェアも含め応援お願いいたします。

 

骨壷。

 

ちょっと薬院まで行く用事があり

せっかくここまで来たんだからと初めて

BBB POTTERSさんに立ち寄りました。

 

いやはや〜 ああいうところに行くと

引き込まれて帰れなくなりますね。

 

 

先日ひょんなことから

故人ならぬ、故猫くるくるさんの御宅に

お伺いしてきました。

 

kurukuru.jpg

 

リビングにはまだ祭壇がしつらえてあり

小菊とドライフードとお水も置かれ

そしてその中央には

くるくるさんの遺骨の入った骨壷がありました。

 

「骨見て、さとうさん

くるくるの骨!」

 

なにやら嬉しそうにいうご夫婦に

 

えーいいんですかー?

どれどれー?と見せてもらう私。

 

真っ白に綺麗〜に焼かれていて

頭蓋骨の形もビシッとして綺麗。

 

表現が不適切かもしれませんが

「焼く」のが上手なところらしいです。

 

「骨壷」といえば。

 

ペット葬祭場で

このタイプはいくら、あの形だといくら

と売られていたりしますが

ここだけの話以外とダサい・高い・・・

 

骨壷を覆う、あのなんていうんですかね

西陣織のような布の袋あるじゃないですか

あの袋自体の選択肢がないといいますか

あれしかないなら別になくてもいいじゃん

うちだったらあの布はいらないなー

 

って以前から思っていたので

くるくるさんが旅立った時に

 

IMG_0138.jpg

ずいぶんシンプルな骨壷に入って

帰ってきたんだなあ

くるくるさんのご家族らしいチョイスだな

 

そう思っていたら

驚愕のオチがありました。

 

あの日、深夜の駐車場で棺を作って

ご夫婦最後のオリジナリティを発揮した。

 

そう思っていたら実はこの骨壷。

 

荼毘に付す直前に某店で買った

某琺瑯メーカーの保存容器だそう(笑)

 

堅実な製品を作るところだけあって

中蓋もあるしとってもいいのです。

 

泉のように湧き出るオリジナリティに

脱帽です。ホントすごいなあ。

遺骨を前に爆笑してしまいました。

 

でも、くるくるちゃん。

もう少ししたら、素敵なパパとママに

新しい子を育ててもらってもいいですよね?

__________________________________

 

✨キャットシッター猫楽へのご依頼

お問い合わせはWebなら24時間受付中✨

たまちゃん☝︎をクリックしてね。

お問い合わせには必ず返信しております。

 

冬支度

 

明日は久々一切の仕事が無い日。

むー、嬉しいような残念なような。

しかし歯医者とか色々用事を片付けねば。

 

体が福岡の気候に慣れたのか

私でも近頃少ーし寒い?と感じます。

話によればこの冬は寒いらしいですし

 

「あそこは絶対雪降るよねー」

 

というところに行く予定もあるので

滑らんぞースリム☜click  を買いました。

 

雪道に自信が無い方さらに最強な

こんなの☜click もありまっせ(笑)

 

いずれにしても在庫があるうちに

用意しておいた方が良いのでは?

 

PC040006.jpg

タツ、床暖に溶けている真っ最中。

 

いつも真冬の冷え込む夜には

猫達の寝床に湯たんぽを入れるのですが

昨年から頭数が増えたため(苦笑)

遅ればせながら湯たんぽ増やしました。

 

 

PC040011.jpg

ブログなんか更新してないでオレと遊べ!

 

しかも選んだのは

クラシックなトタン製。

トタン湯たんぽ miniまる 1.2L​☜click

 

よくあるタイプの湯たんぽは

2L以上もお湯が入るんですよ。

ちっとばかり大きすぎるのですよ。

 

でもプラスチックのは劣化するし

キャップの部分が凸となってて

ゴツゴツするのが気にいらない。

 

トタンだと直火にかけられるし

キャップの存在感がいくらか希薄。

 

さあ、これで低温やけどしないように

決してお湯は熱くせず自前のカバーで

ぬーくぬくしてもらう算段です。

 

PC040008.jpg

メシ食った。あとは寝るだけ。

 

ああそうだ

自前のカバー、急いで作らねば。

残り毛糸で編もうと思っていますが

 

おそらくこの黒い子が☟

 

PC040004.jpg

外れるタイプの首輪をつけられちゃったわ

 

 

毛糸に絡んで邪魔するんだろうなあ。

 

__________________________________

 

✨キャットシッター猫楽へのご依頼

お問い合わせはWebなら24時間受付中✨

たまちゃん☝︎をクリックしてね。

お問い合わせには必ず返信しております。