車にはねられた。家には猫が待っている。

 

こんばんは。

福岡の猫のお留守番を楽しくする

キャットシッター猫楽のさとうです。

 

それは先月初めのこと。

某愛猫家仲間が自転車で横断歩道を走行中

 

一時停止も減速もなく左折してきた車に

ドッカーン!と激突されるという

思いもよらぬ事故に遭遇しました。

 

自転車は廃車になってしまったけれど

幸い流血するような怪我も骨折もなく

ご家族がいたことでお家で待つ猫たちも

影響がなかったようで何よりでしたが

 

P8100066.jpg

「パパしかおらんボクだったら困るよー」

 

 

悪いことは続くものでして、つい最近

子供達が就職で家を出た後

一人暮らしをされていた愛猫家さんが

 

某お店の駐車場を歩いていたら

いきなりバックしてきた車にはねられ

気づいたら病院のベッドの上だった

という話を耳にしてびっくり仰天。

 

肋骨を折り、歯まで失ったそうですが

 

P3070098.JPG

「・・・こわい。こわすぎる。」

 

たまたま担ぎ込まれた病院で

身元確認のために被害者の財布を

(免許証とか健康保険証が入ってる可能性

があるからでしょうかね?)を確認した際

 

被害者の女性が万一の時の為に入れていた

 

「家に猫がいます。」

 

と書いたカードを看護士さんが発見して

それで病院のスタッフたちの間では

情報が行き渡っていた、ということでした。

 

P5270003.jpg

「パパも財布に入れてくれとるやろか?」

 

私は自分のiphoneのメディカルIDに

 

「うちには犬と猫がいます。

 万一の時は○さんと△さんに連絡頼む」

 

と入れています。

 

現在、家人は遠方に単身赴任中。

姉たちは皆、遥か遠くに住んでいますし

 

何かあったらすぐ来れる距離ではないので

スマホだけでなく財布の中や免許証入れ等

 

本人確認の為に調べられそうな場所に

 

「家に猫がいます。」

 

カードを入れておくべきだなあと

しみじみ思いました。

 

 

 

✨お客様へ✨

「家に猫がいます。

 猫楽のさとうに連絡頼む。」

 

 そう書いて頂いて構いません。

 私が廃業するまでの間でしたら(笑)

 

____________________________

 

何もないにこしたことはないですけどね。

猫楽へのお問い合わせは☝️

たまちゃんをクリックしてね。

 

 

つないでいきたい。

 

 

 

 

 

今春この福岡市内に

DM都市開発株式会社」様の手がける

 

「九州で初めての保護猫シェルター付き

ゲストハウスねこ蔵」

 

が完成します。

 

 

15326602_672959956214562_660109668794872563_n.jpg

(click⬆︎でねこ蔵facebookページへ)

 

 

それに伴い、現在猫シェルターをより快適な

空間にするためにクラウドファンディングで

みなさまからの支援を募っています。

 

5847a016-0778-4f73-bffe-106d0abd4187.jpg

(click⬆︎でプロジェクトページへ)

 

プロジェクトの支援は3000円から。

 

一人でも多くの方に知って頂きたく

SNSなどでのシェアも含め応援お願いいたします。

 

骨壷。

 

ちょっと薬院まで行く用事があり

せっかくここまで来たんだからと初めて

BBB POTTERSさんに立ち寄りました。

 

いやはや〜 ああいうところに行くと

引き込まれて帰れなくなりますね。

 

 

先日ひょんなことから

故人ならぬ、故猫くるくるさんの御宅に

お伺いしてきました。

 

kurukuru.jpg

 

リビングにはまだ祭壇がしつらえてあり

小菊とドライフードとお水も置かれ

そしてその中央には

くるくるさんの遺骨の入った骨壷がありました。

 

「骨見て、さとうさん

くるくるの骨!」

 

なにやら嬉しそうにいうご夫婦に

 

えーいいんですかー?

どれどれー?と見せてもらう私。

 

真っ白に綺麗〜に焼かれていて

頭蓋骨の形もビシッとして綺麗。

 

表現が不適切かもしれませんが

「焼く」のが上手なところらしいです。

 

「骨壷」といえば。

 

ペット葬祭場で

このタイプはいくら、あの形だといくら

と売られていたりしますが

ここだけの話以外とダサい・高い・・・

 

骨壷を覆う、あのなんていうんですかね

西陣織のような布の袋あるじゃないですか

あの袋自体の選択肢がないといいますか

あれしかないなら別になくてもいいじゃん

うちだったらあの布はいらないなー

 

って以前から思っていたので

くるくるさんが旅立った時に

 

IMG_0138.jpg

ずいぶんシンプルな骨壷に入って

帰ってきたんだなあ

くるくるさんのご家族らしいチョイスだな

 

そう思っていたら

驚愕のオチがありました。

 

あの日、深夜の駐車場で棺を作って

ご夫婦最後のオリジナリティを発揮した。

 

そう思っていたら実はこの骨壷。

 

荼毘に付す直前に某店で買った

某琺瑯メーカーの保存容器だそう(笑)

 

堅実な製品を作るところだけあって

中蓋もあるしとってもいいのです。

 

泉のように湧き出るオリジナリティに

脱帽です。ホントすごいなあ。

遺骨を前に爆笑してしまいました。

 

でも、くるくるちゃん。

もう少ししたら、素敵なパパとママに

新しい子を育ててもらってもいいですよね?

__________________________________

 

✨キャットシッター猫楽へのご依頼

お問い合わせはWebなら24時間受付中✨

たまちゃん☝︎をクリックしてね。

お問い合わせには必ず返信しております。