猫と紫陽花と

 

ちょうど去年の今頃だったか

よく覗きに行く花屋の一角で

 

「見切り品」

 

と称して二束三文で売られている

すっかり傷んだ紫陽花を買いました。

 

ちまちまと足繁く通っては

気づいたら9鉢も買ってまして(笑)

 

最盛期の紫陽花って1鉢3800円とか

かなーり良いお値段なのですが

 

  その点、猫楽のシッティング基本料

  2800円ってとてもリーズナブル✨

  あ、話の持って行き方が強引ですね。

 

 

見切られた紫陽花は@4〜500円。

これはもう買うしかないでしょう。

 

今はわさわさと咲き始めています。

 

IMG_1427.jpg

「蝶々!蝶々が来たよ!」

 

雨の合間に飛んできた蝶々に

玉三郎とおとめが大大大興奮。

 

そして窓越しに一撃を喰らわそうとした

玉三郎の爪が網戸にグサッとひっかかり

 

IMG_1430.jpg

ひとりもがく玉三郎、そして

蝶々に目を奪われる面々。

 

このマヌケさに笑いながら

網戸に穴をあけられたら大変と

玉ちゃんを抱きかかえて爪をはずす飼い主。

 

IMG_1432.jpg

どんなに満身創痍であっても

愛情をかけて育てていると

 

猫も花もそれにきちんと応えてくれる点は

同じだなあと思います。

 

IMG_1433.jpg

 

今週末20日(日)開催予定の

クレイジーキャッツクラブ

「猫じゃらしの極意」は

 

ねこ蔵のシェルター内の猫たちの

体調悪化に伴い延期となりました。

 

ご参加のお申し込みを頂いていたお客様

心からお詫び申し上げます。

 

今は弱っている子たちの回復を

ひたすら願いながら

また猫たちが元気になりましたら

後日改めて開催致します。

 

ちなみに紫陽花。

 

花のついていない枝を斜めにカットして

葉の部分も1/3切り落として赤玉土に挿しても

根をつけるのでお試し下さい👌

 

命日

 

こんばんは。

福岡の猫のお留守番を楽しくする

キャットシッター猫楽のさとうです。

 

私の最近の悩みは

男性ホルモンが増えてきたせいか

鼻の下のうぶ毛が濃くなったこと。

 

いよいよBRAUNのシェーバーで

ジ〜ゾリゾリゾリ〜とやる日も近い

かもしれません。

 

今日は仕事の合間に

故猫の好きだったチャオの焼きかつおと

線香持参でペット霊園に行ってきました。

 

4年前の今日

誰もいなくなるのを狙ったかのように

 

アメリカンショートヘアのあんこが

サッといってしまったのでした。

20歳になったばかりでした。

 

IMG_1212.jpg

10歳の頃のあんこの昼寝姿

 

呼吸を止めて時間が経った猫の亡骸が

こんなに冷たく硬くなるものなのか、と

 

この時初めて知りました。

 

剥製のような姿に愕然としつつ

尻尾を長くしたまま固まったあんこを

 

花と保冷剤と共に大きめの箱に収め

いつまでもめそめそと泣いていた記憶。

 

覚悟していてもしていなくても

別れはいつも悲しく

それなりに時間が経過しても

ふとした瞬間

それがフラッシュバックして

またじわじわうるうると涙目に。

 

先日ある方の亡くなった猫ちゃんが

何か自分に伝えたいことがあるような

そんな気がするというお話から

 

亡くなったその子と

お話をさせてもらいました。

 

「もういいんだ。

 長くないのはわかっていたし。

 もうそのことを引きずらないで。」

 

そうきっぱり言っていたことを

お伝えしました。

 

 

懺悔の気持ちよりも

一緒にいられて楽しかったね

幸せだったね

 

そう思ってあげる方が良いのです。

 

って。

 

理解しているつもりでも

私もサクッとそれが出来てないから

じわじわうるうるするんだなきっと。

 

 

「私は精一杯あの子と向き合ったから

後悔なんて何も感じません。

さっぱりした気持ちで見送りました。」

 

そうおっしゃった方がいらして

 

今いる我が家の犬猫が

これから先、旅立っていく時には

 

私も毅然とそんな風に思えるように

なっていないといかんねって

思うのでありました。

 

ビシッとヒゲも生えてきたことだし

雄々しく生きていこう。

 

思い込みを外そう。

 

確定申告の書類はまだ完成しませんが

事務仕事に飽きたのでブレイクタイム。

 

うちのおっさんたちです。

むかって左キーマ・右玉三郎。

 

人間でいうならキーマは40歳

玉三郎は48歳とかそんな感じですが

 

おっさん同士で同じ寝床に

肩並べてくつろぐなんてうちではナイナイ

 

と思っていたのに

ちょっと意外な組み合わせ。

 

しかもキーマはドライなヤツ

だと勝手に思い込んできましたが

 

「んなこたぁねえよ!」

 

改めてヒーリングをしてみると

全然そうじゃないということがわかり

 

申し訳ねえ悪かったー

すまねえママを許してちょんまげー

 

とチヤホヤして甘やかしているところです。

 

つい無意識に

「この子ってこういう子」

って思い込みがちですが

 

人間側が色眼鏡で見ていることも

少なくないなと思うこの頃。

 

↑マジ卍でやりあったらキーマ強し

 

 

モニターの猫さんたち

ヒーリングを始めています。

 

連日うんちの上に平気で寝ちゃったり

トイレじゃない場所にうんちする

Sちゃんは昨日今日は粗相なしとのこと。

 

異食するTちゃんと超絶怖がりさんで

人前に出てこようとしないWちゃんは

先ほどヒーリングを終えました。

 

今後の変化を私も楽しみにしています。

 

さて、事務仕事片付けよう😩