ショーリのツボ

 

うちの黒猫ショーリ嬢は

まだら食いクイーン。

 

気がつけばもう1歳半を過ぎていました。

 

P3080134.jpg

「それ、ひどくない?」

 

うん。別にひどくない。

うちにはうちの考え方があります(笑)

 

誕生日を忘れていたからといって

「愛」がないというわけでなし!

 

P3080135.jpg

 

最近発見したショーリのツボは

尻尾の付け根をソフトにぽんぽんぽん!

と叩くと、うっとりした表情になって

大開脚でビョョョーンと長くなること。

 

でもちょっと力加減を間違うと

 

P3080136.jpg

「噛んでやる!」

 

そーなんです。

細いキバでカミカミされて

イデデデデ!

 

未だにショーリを溺愛するキーマは

このキバでどんなに激しく甘噛みされても

じーっと耐えてくれる男なのです。

 

愛の力ってすごいですねぇ。

 

 

猫楽のぷち繁忙期が今日で落ち着きました。

 

実は数日前から我が家の14歳のわんわん

先住のうずまきちゃんの体調が

あまり芳しくなく病院へ行きました。

 

ここ数日ずっと吐いてばかりで

休日明けに再度通院の必要もあり

「ぷち」な繁忙期

で良かったと思っています。

 

とはいえ御利用頂いたお客様

本当にありがとうございました。

 

またいつかお目にかかれることを

心から楽しみにしております。

 

________________________________

 

✨キャットシッター猫楽へのご依頼

お問い合わせはWebなら24時間受付中✨

たまちゃん☝︎をクリックしてね。

 

向かうところ敵なし

 

わんこ2匹と朝晩の散歩をしていると

時々同時多発テロならぬ

同時多発うん◯されることがあります。

 

そういう時は前略、道の上より

ソイヤッ!のポーズをとりつつ

速やかにブツを撤収するのですが

 

猫たちの同時多発ゲロの場合は

そういうわけにはいきません。

 

タツがいきなり布張りソファの上で

マーライオン的にどっぽーん!

 

とやったかと思えば

 

玉三郎が寝室へ走り込みーの

ベッド下にスライディングしーの

うごごごごぉ〜っほげほげっ!

 

そして

わーいなになになにー?

なにがあったのー?見たい見たい♫

と陽気にその周りを走り回る女子猫たち。

 

もはや地獄絵図ですよ。

ちったあ気を遣って時間差で吐け!

 

P3040037.jpg

内弁慶で怖いものしらずのおとめは

 

P3040038.jpg

タツのことはもう

 

P3040039.jpg

「このおっさん、超弱っちー。」

 

べろんべろんに舐めてかかっています。

 

こらこら、おとめちゃん。

先輩にそういう態度はやめなさい。

 

P3040040.jpg

「きゃっはー!マジうーけーるー。」

 

こういう大人猫をバカにした小娘を

ガツン‼️と〆てくれる最後の砦は

やはり玉三郎先生を置いて他にいないっ

 

そう思っていたのですが

 

P3040042.jpg

「あのゴツいおっさん?私シメたやん。」

 

それはほんの2日前のこと。

 

出会い頭の勢いで突然

玉三郎に痛烈パンチを喰らったおとめ

怯む気配もなくオラオラパンチで応酬。

 

その後で玉三郎が悔しさからか

おぉぉーーーーん!

玄関で雄叫びをあげていたあたりまで

 

なんでカメラで撮らんかったんやろー

あーもー 惜しいことしたー

いいネタやったのに。ま、いいか。

( ゚∀゚)<アハハハハハ八八ノヽノヽ

 

________________________________

 

✨キャットシッター猫楽へのご依頼

お問い合わせはWebなら24時間受付中✨

たまちゃん☝︎をクリックしてね。

 

ショーリとおとめ

 

一昨年12月にやってきた黒猫ショーリと

この1月にやってきたおとめちゃん。

 

女の子同士ってどうかなあ。

 

そんな風に思っていましたが

ようやくこんな風に身を寄せて眠る姿を

しばしば見かけるようになりました。

 

動物管理センターでは黒猫とサビ猫は

「人気がない」という理由で

早い段階で殺処分されるそうですが

 

P3090001.jpg

「えっ!?人気ない?」

 

人気ないなんてことないよ。

ったく失礼よね、ぷんぷん。

 

ショーリもおとめも時期こそ違えど

どちらも兄弟と共に動物管理センターに

持ち込まれて

 

ボランティアさんが救出に行った時には

すでに他の兄弟たちは息絶えてしまい

 

ショーリもおとめも

唯一自分だけが生き残ったというわけです。

 

P3090002.jpg
「しょうがないわねえ。ぺろぺろしてあげるわおとちゃん。」

 

 

P3090003.jpg

「うん。ショーちゃんありがとー。」

 

 

P3090004.jpg

「一緒だとあったかいね。」

 

この2匹が仲睦まじく寄り添う光景って

当初まったく予想していなかったので

 

かーちゃん涙腺崩壊です。うううう。

 

________________________________

 

✨キャットシッター猫楽へのご依頼

お問い合わせはWebなら24時間受付中✨

たまちゃん☝︎をクリックしてね。